平壌市軌道電車

Tweet

2号線と3号線が立体交差する楽浪付近。

平壌には1991年より「軌道電車」(ケドジョンチャ)と呼ばれる路面電車が3路線運行されている。総延長は34.3km。運賃は5ウォン均一で、無軌道電車(トロリーバス)・路線バスと共通運賃制(乗り継ぎが可能)を採用している。

日本統治時代の1923年に一旦路面電車が開通したが、1951年〜1953年の朝鮮戦争の戦乱で廃止となっていた。その後、平壌市内の軌道交通は1962年に無軌道電車、1973年に地下鉄が開通したが、輸送力が限界に達しつつあったため約40年ぶりに路面電車が再整備された(路線はすべて新規に敷設されたもので、以前の運行区間とは異なる)。日本統治時代の朝鮮半島では他に京城(現:ソウル)、釜山にも路面電車が整備されたが、韓国側の2都市はモータリゼーションの発達に伴い1960年代に廃止となった。北朝鮮では平壌のほかに、1999年より清津(チョンジン)でも軌道電車が運行されている。

電化方式は直流600V(架線集電式)。全区間複線で、車両は片方向のみ運転台が設置されているため終点ではループ線を走行して方向転換する。列車は3連接車または2両編成で終日運行される。車両はすべてチェコのCKD TATRA製。

外国人が通常乗車できる区間は、1号線の万景台(松山)(マンギョンデ(ソンサン))〜平壌駅(ピョンヤンヨッ)間10.3kmに限られている(定期列車ではなく、原則貸切列車に乗車する。通常の観光ツアーに組み込まれている地下鉄乗車とは異なり、軌道電車はあらかじめリクエストを出さないと乗車はできない)。

(路線図:管理人制作)

1号線
2号線
3号線

運賃箱
運賃は5ウォン均一で、運賃箱に直接運賃を投入する。「市内車票」利用者は券を投入する。
「軌道電車交差あり」の交通標識
軌道電車の軌道と交差する道路に設置されている。
軌道電車用信号(右下)
軌道電車の信号現示は横棒(−)で表示する。2010年頃より信号機の整備が進んだ。平壌市内の大半の信号機はLED式。

「平壌の地下鉄・都市鉄道」に戻る