台湾鐵路管理局TEMU2000型外観

Tweet

太平洋に沿って快走するTEMU2000型第1編成。

石城〜大里にて
三貂嶺隧道(全長2,076m)を抜けてカーブに差し掛かるTEMU2000型第1編成。当形式は曲線にて最大2度車体傾斜する。

牡丹〜三貂嶺にて
夕方の汐止駅を通過する第1編成。
北廻線を行く第1編成。

南澳にて
樹林駅に入線する、当駅始発花蓮行きの列車(TEMU2000型第1編成)。
宜蘭線を駆け抜け、樹林へと向かう第2編成。

大里〜石城にて
朝日を浴びて走行する、早朝の花蓮行き普悠瑪号(TEMU2000型第2編成)。
平渓線との分岐点付近を行く第2編成。

牡丹〜三貂嶺にて
第三基隆河橋にて基隆河を渡る第3編成。

三貂嶺〜牡丹にて
七堵駅を通過する第3編成。
珍しく日中に前照灯全4灯を点灯して走行する第5編成。

石城〜大里にて
第5編成の試運転列車。

大里〜石城にて
2008年に高架化された冬山駅を高速で通過する第5編成。
第7編成の試運転列車。

大里〜石城にて
無人駅の新馬駅付近を行く第7編成。
台東行きの第16編成。
2014年7月1日より花東線電化開業に伴い、台東までの直通運転が開始された。

玉里にて
台東駅で南廻線の普快車と並ぶ第7編成。台鐵で最後まで残った普快車(非冷房普通列車)と、最新型車両の並び。
普快車の客車内から見た、台東駅に停車中のTEMU2000型。
花蓮にて先代の車体傾斜式電車TEMU1000型「太魯閣」号と並ぶ。両者は樹林〜花蓮 間で共に自強号として活躍している(「太魯閣」号は花東線電化開業後も花蓮以南には乗入れない)。
高架化工事が進む台中駅に入線する、彰化行きの第9編成。2014年4月29日より、縦貫線彰化までの延伸運転が開始された(1往復のみ運転)。
先頭車(TED2000)の側面の大きなTRAのロゴ。
台車。日本車両製で、台車形式は「ND-742M」(動力台車)及び「ND-742T」(付随台車)。ヨーダンパ付きのボルスタレス台車で、空気ばねの内圧の変化により車体を傾斜させる車体傾斜制御装置を搭載している。
台車に取り付けられた「ND-742M」の銘板。
シングルアーム型パンタグラフ。TEMU1000型はパンタグラフ台が台車直結の支持台上に設置されている特殊構造だが、TEMU2000型は普通の電車と同様の構造。
側面の行先表示機。3色LEDで、1両あたり片側2箇所(両側で4箇所)設置。
列車番号・列車種別・行先を中国語・英語で縦スクロールで切替表示する。
台東行き表示。
乗降部は台鐵初のステップレス構造。TEMU1000型よりも車体裾の幅が広いため、TEMU1000型には装備されている可動式ステップも省略。
妻部の日本車両の製造銘板。第5編成までは2012年製、第6編成以降2013年製の表記となっている。

上写真:第1編成
下写真:第8編成
連結部。転落防止幌が設置されている。また、衝突対策として各車両の妻面下部にはアンチクライマを装備。
双単線構造を有効活用し、進行方向右側を走行する区間車を、左側の線路から普悠瑪が追いかける。

Full HD Video
太平洋をバックに、風光明媚な東部幹線を行くTEMU2000型普悠瑪(新自強)号。

Full HD Video
車体傾斜して走行するTEMU2000型(傾斜角度は最大2度)。

Full HD Video
踏切警手が旗を振り、列車に合図を送る。

Full HD Video
始発駅の樹林駅に入線する普悠瑪号。ホームで待つ乗客から歓声が上がっている。

Full HD Video
高架化工事が進む台中駅に入線する、彰化行きの普悠瑪号。

Full HD Video
日本車両設計の兄弟車両であるTEMU2000型・EMU800型が樹林で並ぶ。EMU800型は花蓮行きの区間快車。

Full HD Video
第三基隆河橋を渡る。

Full HD Video
折り返し準備の為、一旦花蓮駅の留置線に引き上げる回送列車。

Full HD Video
大里駅に到着〜発車する区間車と、離合し高速で駆け抜ける普悠瑪号。陽炎で奥の方が歪んで見える。

Full HD Video
朝日を浴びて朝6時過ぎの汐止駅を通過する、花蓮行き始発列車の普悠瑪号と、汐止駅を発車するEMU700型(区間車)。

Full HD Video
夕暮れの東部幹線(宜蘭線)を駆け抜ける普悠瑪号。

Full HD Video
樹林行きのTEMU2000型第2編成と花蓮行きTEMU2000型第1編成が、大里駅付近で行き交った。

Full HD Video
警笛を鳴らして三貂嶺駅を通過する普悠瑪号。

Full HD Video
GTO-VVVFの磁励音を響かせて七堵駅を発車する基隆行きEMU500と、七堵駅を通過する樹林行きTEMU2000型普悠瑪号。

Full HD Video
松山駅に到着する樹林行きの普悠瑪号。

Full HD Video
樹林駅を発車する樹林調車場(車両基地)への回送列車。車両基地へ向かう台鐵職員が数名乗車している。

Full HD Video
石城〜大里 間を快走するTEMU2000型第5編成試運転列車。

Full HD Video
新馬駅を通過するTEMU2000型第7編成試運転列車。

Full HD Video
高頻度運転で松山駅に発着する、様々な台鐵の列車。気動車・電車・客車列車が共演する。

Full HD Video
列車番号・列車種別・行先を中国語・英語で縦スクロールで切替表示する。

Full HD Video

「台湾鐵路管理局−TEMU2000型」トップに戻る

Tweet