KRL JABODETABEK

Tweet

離合する元 東京メトロ5000系と元 東急8500系。(Kemayoranにて)

KRL JABODETABEK(=ジャボデタベック電車)は現在、中央線、環状線、Bogor(ボゴール)線、Nambo(ナンボ)線、Bekasi(ブカシ)線、Tanjung Priok(タンジュンプリオク)線、Serpong(スルポン)線、Tangerang(タンゲラン)の計8路線で営業運転を行っている。運営はPT. Kereta Api Commuter JABODETABEK(略称:KCJ)が行っている。

Nambo線を除いて全区間が複線(右側通行)で、架線集電方式による直流1,500V電化。軌間は1,067mm(狭軌)。保安装置は未設置(将来的にATS設置予定)。円借款によって1970年代より設備の近代化が行われている。これら路線は既存の線路を活用して都市鉄道化されたため、Bogor線・Nambo線・Tangerang線を除いて長距離列車(客車列車)も並行して運行されている。また、1993年には円借款で中央線の高架化が完成した。

通勤形電車は1976年から導入され、製造は日本(川崎重工・日本車両・日立製作所)、韓国(現代精工)、オランダ(BN)、インドネシア(INKA)等で行われた。また、2000年に導入された元都営地下鉄6000形を皮切りに、日本の中古車両の輸入を積極的に行っている。詳細は別ページにて紹介する。こちらをご覧ください。

列車種別は2013年7月25日より「Commuter Line」に統一され、全列車が冷房車(各駅停車)となった。2011年7月1日〜2013年7月24日は「Commuter Line」(冷房車による各駅停車)およびEkonomi(非冷房車による各駅停車)の2種類、2011年6月30日まではEkspres(急行)、Ekonomi AC(エコノミーアーセー)(冷房付き各駅停車)、Ekonomi(各駅停車)の3種類であった。冷房車と非冷房車(Ekonomi)は運賃が大幅に異なっていた。運賃は距離制で、25kmまで2,000ルピア、その後10kmごとに1,000ルピア加算(2016年2月現在)。身長が90cm未満の乗客は無賃である。

PT Kereta Api Commuter JABODETABEK公式サイト(インドネシア語):http://www.krl.co.id/

中央線
環状線
Bogor線
Nambo線
Bekasi線
Tanjung Priok線
Serpong線
Tangerang線

Commet 一回用乗車券(表/裏)
ICカード式乗車券。2013年7月よりKRL JABODETABEKの乗車券は「Commet」という愛称のICカード式に統一された。
Single Trip(1回用)のものは、運賃+5000ルピアのデポジットがかかる(使用後に窓口で返却すると、デポジット分は返金される)。
Commet 一回用乗車券(初期発行分)(表/裏)
2013年春から夏頃にかけて発行されていたもの。
東京メトロ7000系にジャカルタの象徴「モナス」を組み合わせたデザイン。
1回用のため本来は使用後返却しなければならないが、柄が秀逸すぎて乗客が持ち帰りアクセサリーとして使用する等、
回収率が異常に低くなってしまったという事態が発生した。そのため、この後発行されたものは非常にシンプルな柄に
変更され、一時は白地・柄なしのものも発行されたほどである(現在は1つ上の写真のものが主流である)。
Multi Commet(表/裏)
プリペイド式のもので、チャージして繰り返し使用することが出来る。デポジット20,000ルピア+乗車可能分13,000ルピアの発売額33,000ルピアのものと、
デポジット20,000ルピア+乗車可能分30,000ルピアの発売額50,000ルピアのものが主流。なお、出場時に残額が10,000ルピアを下回ると、
次回以降そのままでは乗車出来ない(チャージする必要がある)。
なお、このカードは電車乗車及び駐車場(ResKA管轄のもの)にのみ使用できる。銀行発行のFlazz、E-money、Brizzi等のICカードは電車の他、
バス・コンビニ等でも使用できる。
記念柄Multi Commet(表/裏)
多数の記念柄Multi Commetも期間限定で発売されている。
上段:KCJ発足7周年
中段:インドネシア独立70周年
下段:ラマダン記念(最右)他多数(写真以外にも多数ある)

※収集ご協力:「JABODETABEK COMMUTERS NEWS」管理人様
Commet使用指南パンフレット
2013年春の試験運用の頃に発行されたもの。
普通乗車券(表/裏)
非磁気式乗車券。2013年7月に全廃された(ICカード「Commet」で統一)。
上段:エクスプレスの乗車券
中段:エコノミーACの乗車券
下段:エコノミーの乗車券
最下段:乗車券の裏面(全乗車券共通)
KRL JABOTABEK公式パンフレット(2008年発行)
鉄道の概要や路線図が記されている。

「インドネシア首都圏の都市鉄道」に戻る

Tweet