香港鐵路(MTR)

車庫から出庫する香港鐵路の車両 (2006/02/15 付近)

香港鐵路(ヒョンゴンティッロ;英語表記:MTR)は香港地下鉄(MTR)と九廣鐵路(KCR)の合併(事実上、九廣鐵路が香港地下鉄に吸収合併)によって、2007年12月2日に設立された鉄道会社である。略して「港鐵」(コンティッ)とも呼ばれる。合併以前は香港地下鉄が運営していた觀塘(クントン)線、(チュンワン)線、港島(ゴンドン)線、東涌(トンチョン)線、機場快(ゲイチェンファイ)線、将軍澳(チュンクワンオウ)線、迪士尼(ディッシーネイ)線の7路線と、九廣鐵路が運営していた東鐵(トンティッ)線、西鐵(サイティッ)線、馬鞍山(マーオンサン/マーオンシャン)線の3路線と軽鐵(ライトレール)12路線をあわせた計22路線の運営の他、ランタオ島の観光用ロープウェイ「昂坪(ゴンピン)360スカイレール」を所有している。さらに、以前は九廣鐵路が行っていた中国本土への直通列車運行や路線バスの業務も引き継いでいる。鉄道線の総延長は211km。觀塘線、線、港島線、東涌線、機場快線、将軍澳線、迪士尼線は直流1500V架線集電式で、軌間は1432mm。東鐵線、西鐵線、馬鞍山線は交流25000V架線集電式で、軌間は1435mm(標準軌)。軽鐵各線は直流750V集電で軌間は1435mm(標準軌)となっている。車内の自動放送は広東語(香港の標準語)・北京語・英語の3ヶ国語で放送される。
合併の際に、旧・九廣鐵路の路線の名称や一部の駅名が変更になった(東鐵→東鐵線、西鐵→西鐵線、馬鐵→馬鞍山線、旺角駅→旺角東駅)。また、運賃も合併により一元化されたため、全面的に改定されている

香港鐵路公司公式サイト(中国語(繁体字)・英語):http://www.mtr.com.hk/
香港鐵路路線図(中国語(繁体字)):http://www.mtr.com.hk/chi/train/system_map.html

香港鐵路路線図(英語):http://www.mtr.com.hk/eng/train/system_map.html

※括弧内の発音は香港で使用される広東語の発音を基にしたカタカナ表記

東鐵線
東鐵線
落馬洲支線
觀塘線
チュンワン線
()
港島線
東涌線
機場快線
将軍澳線
西鐵線
馬鞍山線
迪士尼線
昂坪360

旧・香港地下鉄の乗車券。
上:一日乗車券。購入してから24時間有効。50香港ドル。
左下:磁気式の一般的な乗車券。リサイクル使用される。
右下:機場快線専用の乗車券(1人用)。
香港鐵路の模型(Nゲージ規格・鉄製)。
写真のM-Train電車以外にも同車のラッピングバージョン、觀塘線K-Train電車、東涌線A-Train電車、機場快線AEL A-Train電車のモデルが販売されている。MTR金鐘駅の「港鐵旅遊服務中心」で販売。


※線路は発売されておりません。
旧・九廣鐵路(KCR)の乗車券。
左上:東鐵線・西鐵線・馬鐵線の乗車券。リサイクル使用される。
右上:軽鐵の乗車券。信用乗車制のため通常回収されない
下:東鐵線の中国本土直通列車の乗車券。
いずれも会社合併により、現存しない(デザイン変更)。


香港の地下鉄・都市鉄道に戻る